生命保険ナビ

生命保険は「生命保険ナビ」の保険の基本的な考え方



  • HOME
  • 保険の基本的な考え方

保険の基本的な考え方

保険は、「万が一」の事態に備えて用意するものです。病気での入院や手術、死亡、将来の生活等に対する「不安」や「心配」に対して備えるということになります。保険には、国や地方自治体、あるいは勤め先の会社等による公的な保険(健康保険や社保)と任意で加入する民間の保険があります。まずは公的保険を利用することが優先されますが、それでも賄えない部分を補う為に民間の保険で「万が一」に備えるというわけです。ただ、万が一に備えて足りない部分を民間の保険で賄うとは言っても、多額な保障を準備すればするほど安心だからといって闇雲に加入しては家計が圧迫されてしまいます。保険に加入し、備え過ぎることで家計のその他のことにお金を掛けられず、外食や旅行、やりたいこともぐっと我慢をするという生活ではあまりに悲しすぎます。保険料の支払いが家計を脅かすことが無いよう、無理の無い保険料に抑える必要があるということも念頭におくと良いでしょう。考え方は様々ありますが、高くても保険料は家計の10%程度かそれ以内に抑えるほうが無難だといえます。どのぐらいの保障が欲しいのか、必要な保障額を決めて色々な保険と比較し、これだという保険を見つけて加入する過程で、保険の専門の知識を持った人からアドバイスを受ける機会があるかもしれませんが、例えば保険会社の販売担当者だと、やはり万が一の場合を様々なケースで説明したり、資料を示したりする等して保険の必要性を説明するでしょう。それが悪いことではありません。逆に保険の必要性を認識することは必要だと言えます。ですが、保険料の目安を考えたり、必要な保障内容というのを自分でも考えておかないと、保険の必要性を考える時に不安や心配が先行して大きな保険料負担になりかねません。まずは家計全体で毎月どのぐらいの支出があり、年に一度等の不定期に発生する支出がいくらあり、近い将来必要となるお金がどのぐらいあるのか、現在の支出と近い将来予想される支出を計算してみることです。その上で、保険料はどのぐらいに抑える必要があるのかという一定の目安を自分でも計算してみると良いと思います。

ヒアルロン酸に興味をもったら見る情報紹介サイト