生命保険ナビ

生命保険は「生命保険ナビ」の年金保険1




年金保険

民間の個人年金保険は、将来の備えや資産形成の手段として人気があります。医療保険等に比べて貯蓄性も高いので、健康だから保険は必要ないという方にも、是非検討をお勧めしたい保険です。そもそも、何故個人年金保険に人気や需要があるのでしょうか。それは、公的年金だけでは老後の備えが十分でない可能性が多いにあるからです。公的な年金には共済年金や厚生年金、企業年金等いくつかの種類がありますが、基礎となる国民年金で考えてみたいと思います。現在、一般的に定年退職する年齢は60歳となっています。ですが、国民年金の支給開始は65歳からとなります。この間の5年間の生活費は自分で備えないといけないということです。仮に1ヶ月の生活費が夫婦で30万円必要な場合、5年間だけでも1800万円もの生活費が必要ということになります。さらに、65歳になり、国民年金の受給が開始できても、夫婦が老後を安心して暮らせる十分な額が受給出来るでしょうか。国民年金の平均受給額よりも、自分がどのぐらい受給できるのか、なるべく正確な金額を把握して欲しいので、恐らく皆さんの下に以前届いているであろう年金特別便という書類で確認していただきたいと思います。そこに、おおよその受給額が確認できます。また、今までの職歴、年金の加入状況を見ることが出来ますので、記載内容に相違が無いか、併せて確認すると良いでしょう。このように、将来の生活を考えてみると、トータルでは結構な金額が必要になると予想されます。この備えとして個人年金保険を選択される方が多いようです。個人年金保険は、30代から始めたら60歳まで、期間が満了するまで何十年も保険料を払い続けるということになりますので、家計に無理の無い金額で「続けていくこと」が大変重要になります。現在の日本は、ご存知の通り非常に低い金利で推移しています。今後金利の上昇や物価の上昇等のリスクもある中で、何十年も支払い続けるということを考えると、商品の利率等にも注目しながら商品を選ぶ必要があると言えるでしょう。