生命保険ナビ

生命保険は「生命保険ナビ」の死亡保険1




死亡保険

死亡保険とは、文字通り保険の対象者(被保険者)が死亡した時に支払われる保険です。お子さんがいらっしゃる過程を中心に需要と人気がある保険商品でもあります。独身の方でも、自分が死亡することによってご家族など誰かが生活に困るという場合は、その備えとして加入されるというケースはよくあるようです。死亡保険は大きく分けて2つの支払方法があり、それは「掛け捨て」か「積み立て」の2つです。まず「掛け捨て」は保険料を抑えたい方向けの支払方法です。例えば1千万、3千万といった大きな保険金額の死亡保険をご用意されたい場合は、掛け捨てを選択すると保険料を抑えることが出来ることでしょう。「掛け捨て」の最大のメリットは保険料を抑えつつ大きな保険金額を用意できるという点にありますが、その分、当然に支払った後、保険期間中に特段何もなく無事に過ごすことが出来た場合には戻ってくる保険料は無いということになります。いくらの保険金額を用意するのかについては、保険会社の担当者や金融の専門知識を持つファイナンシャルプランナーに相談してみるのも良いと思います。ですが、保険・金融のプロに相談する前に、一度ご自身とご家族のライフイベントを書き出してみて、人生においていつ頃、どのぐらいの支出が予定されていて、普段の生活費も向こう10年間、20年、30年、トータルでどのぐらいの支出が予測されるのか、目安を自分でも立ててみるということをお勧めしたいと思います。やはり、死亡保険はそれこそ万が一の為の保険ですから、大きい保険金額を用意するほうが安心できるという心理になりがちですが、自分なりの試算やライフプランを持つことで比較、検討、判断がしやすくなるでしょう。

ハイアール
http://www.haierjapan.com/refri.html

CBR600Fならここに豊富な情報があります。